不動産

1つ1つの違い

工夫することで得られるメリットについて

不動産

ビーバーハウスの技術としては、建物を建てるに当たっては場所によって地盤の土壌や地耐力には一様ではなく個々に違いがあります。 工事の着工前には地耐力検査を行い、場合によってはセメントを使用して地盤の改良行為を行ったり柱状改良杭等を施工して地盤の強度を高めます。 これによって不動沈下やその他の被害を最小限に留めることが出来ます。 ビーバーハウスでは基礎パッキン工法という独自のベタ基礎の工法を取ることで住まいを湿気から守ることが出来ます。 ツーバイフォー工法は床、壁など面全体で地震力を負担するために地震に強い構造体になっています。その為に引張りやねじれにも強く、台風などの強風にも強く耐久性のある建物として長持ちします。石膏ボードと共に防火性能にも優れ、断熱並びに遮音性能にも優れています。

現在の取り組みやトレンドとは

ビーバーハウスは1969年に設立された会社です。事業内容は住宅分譲や注文住宅事業、リフォーム事業、仲介事業、賃貸マンション事業などを行っています。 地域社会との共存を図り、地域に根ざした街並み作りを行っています。それと共に地域の歴史や文化、自然や街並み、住民の特性を理解し地域に沿う街づくりを目指していて、地域の発展に貢献するという意味では活性化にも勤めております。 具体的には安全や安心をお客様に提供できるようにデザイン性や安全性、快適性といった基本機能はもちろんのこと住み良い暮らしを提供するように取り組んでいます。 ビーバーハウスでは設立当初から信用政策が掲げられ、アフターサービスとして独自の建物保証書や家歴書の発行を行って来ています。