不動産

工夫をしてみる

狭小住宅を扱う専門業者とは

不動産

狭小地はとても特殊な土地です。土地が狭いため既存の住宅が建てられないため、注文住宅を扱っている業者に依頼する必要があります。 狭小地に建てる家を狭小住宅と呼びますが、室内の間取りは全てオリジナルとなります。利用できる土地を使っての作業となるため、極端に狭い空間が出来る場合もあります。しかし経験豊富な建築士やスタッフのアドバイスを受け、満足いく住宅を設計する事ができます。 狭小地を生かした住宅づくりは、とてもユニークな形となります。しかし機能性は抜群で、暮らしをサポートするための設備が整っています。狭い室内でも階段下や床下を利用して、収納をキチンと確保する事で、家全体を大規模収納として利用できます。

狭小地を生かしたサービスとは

狭小地はあらゆる場所に存在します。住宅街や大通りに面した場所等、周辺環境に関わらず狭小地が出来上がります。この場所を利用して家を作るなら、工夫して建築する必要があります。 土地の面積を広げる事はできませんが、住宅の建築方法を工夫すれば無限にアイデアが広がります。階段を短く繋げれば各部屋のアクセスが便利になったり、光を上手に取り入れれば室内全体に明るさが広がります。また家族が集まるリビングも来客時の部屋として使用できるようにアレンジできるため、簡単に模様替えを行う事ができます。暮らしを楽しくするのが狭小住宅の魅力です。アイデア次第であらゆる設備が可能となります。そして家族の絆をグンッと強める事にもなります。